We suppose!

唐突ですが皆さんは音楽教室に何を求めますか?

実は私達、時間の許す限りJiLLの他の先生についていろんな科目のレッスンを受けています。

それはもちろんその科目を習得したいということもありますが、それ以上に自分が生徒になったときこの教室に何を求めるのだろうかと言うことを知りたかったのです。

レッスンを受けるのは確かに楽しいです。ですが欲張りなのでしょうか、もっともっと楽しめる仕掛けをしていきたいと考えました。これだけの教室と、先生と生徒さんがいるのですから。

一人で習って一人で演奏するのを心から愛する方たちには大変失礼かも知れないですが、やっぱり弾けるようになったら聞いてもらいたいですよね。ちょっと自慢の気持ちもありますが。。。

また、同じ楽器を習ってる人とそのことについて話をしたり、たまには一緒に練習できたり。また将来的には他の楽器の人とちょっとしたセッションやアンサンブル等できたらもっと満足かもしれません。

まだ顔も見たこともないほかの生徒さんとも会ってみたいからたまには食事会なんてしてみたいとか。だからこういう欲求はできうる限り形にして教室のプログラムに取り入れています。そしてこれからも。

発表会だって参加して楽しい個性的なものを常に考えています。もちろん参加自由なものですが私達は是非発表する側で参加して、あの緊張感を楽しんでみようと思います。でも将来的には発表会だけではなく、もっと頻繁に気軽に自分の演奏を聞いてもらえるような場所が特別にあればなんてことまで思っていますが。

私達はいつも考えています。どうすればもっと楽しいのかを。

「皆さんのやりたい事」はすなわち「私達のやりたいこと」です。
「We Suppose !」これが私達の理念です。
私達は開校したばかりの音楽教室です。(講師はもちろんベテランですが)
でもだからこそ意欲は満々です。そして約束します

皆さんも気が付かなかったような楽しさをこれからもどんどん提案します。

  • 発表の場をどんどん設けていきます。
  • サークルも増やしていきます。
  • コミュニティももっと増やしていきます
  • もっと新しい楽しみ方を見つけていきます。

だからこのページに一回来てみて帰る人も、思い出したらまた来て見て下さい。きっと違ったページが増えていることでしょう。

また、皆さんからもこんなことすれば楽しいんじゃないかというような提案を常にお待ちしています。そしていつか、東京で「ここにしかない」音楽教室になりたいと思っています。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「sup.pose」(提案)[しばしば I~] …したらどうか